こばやし茶店店舗 お城の後に「一服一遊」お茶屋さんのカフェ

こばやし茶店

地元姫路では、こどもから大人まで約40年以上も愛され続ける“グリーンソフト”。夏のピーク時には一日千個も作ると言います。
「抹茶」という味がまだ一般的ではなかった頃から抹茶一筋なのが、老舗のお茶屋さんならでは。摘み立てのお茶の葉を鮮度が落ちないうちに、乾燥・揉みこみを繰り返し、伝統の石臼で丁寧に挽いて出来た抹茶。なめらかな粒子、そして豊かな風味を兼ね備えているのが特徴です。
そんな抹茶を贅沢に使用した「グリーンソフト」は、着色料は一切使用せず、抹茶の香り高く、ほろ苦い、でも口に残るさっぱりとした爽やかな味わいを楽しめます。なんとなく懐かしく、ほっこりとした気分に。店内の抹茶喫茶『存外(ぞんがい)』では、やわらかい作りたてタイプの「グリーンソフト(200円)」が味わえるほか、あんこときなこがのった「グリーンソフト織部バージョン(400円)」など、他にも抹茶スイーツが充実。お土産やちょっとした贈り物には、「グリーンソフトクールギフト(4,320円/全国一律送料・税込)」などもあります。

観光の合間にちょっと寄りたいこばやし茶店・抹茶喫茶「存外(ぞんがい)」

「おいしい抹茶でほっと一息…」
気軽に抹茶が楽しめるこばやし茶店の「存外」。
店内奥にあるカフェスペースは、様々な形や色の茶碗が並んだ棚が目を引きます。「存外」では、肩肘はらず抹茶や和菓子を楽しめるメニューの数々が。たとえば、「抹茶和菓子セット(500円)」はこばやし茶店のオリジナル宇治抹茶をお好きな茶碗で飲み、地元姫路の四軒の和菓子屋が丹精込めてつくった和菓子を日替わりでお召上がりいただけます。作り手の感性が生きた、四季を感じられる一品を堪能できます。

そして登場以来、大人のスイーツと大好評の「抹茶フォンデュ(880円)」。姫路の名物駄菓子「かりんとう」や人気の和菓子店の「甘納豆」など、厳選した5種のお菓子を贅沢に宇治抹茶の特製ソースにくぐらせてお口の中へ。抹茶の爽やかな味わいを新感覚で味わえます。
他にも、グリーンソフトや抹茶フォンデュなどを全て楽しめる「抹茶づくし存外スペシャルセット(1,500円)」がおすすめです。抹茶好きの方はまさに必見。ご家族やカップルでシェアするのもおすすめです。
店内でしか食べられないメニューもたくさんありますので、近くまでお立ち寄りの際はぜひ。

こばやし茶店・抹茶和菓子セット/500円、グリーンソフト/200円

左/抹茶和菓子セット…500円、右/グリーンソフト…200円

抹茶づくし存外スペシャルセット/1,500円

抹茶づくし存外スペシャルセット…1,500円

喫茶メニューを詳しく見る

播陽時計・最古級の国産掛時計

今から約120年前、姫路で作られた振子式の掛時計『播陽時計』。
現在も時を刻み続けるこの時計の精巧さと、当時の技術の高さに思わず息をのみます。

播陽時計は、時計技術の習得のため明治政府からウィーン万博に派遣された田中精助が、帰国後廃藩置県で職を失った武士のため、時計技術を伝播したのがはじまり。その後、かたちを変え、明治21年には播陽時計製造株式会社が設立されました。四つ丸時計やボンボン時計などを製造し、技術が継承されていきながらも、数年で解散。その技術は名古屋の林時計に引き継がれたそうです。『播陽時計』は日本の掛け時計産業の中でパイオニアとして存在するものの、現物資料が大変少ない為、幻の時計とも言われています。

こばやし茶店にある播陽時計は、姫路市制100周年記念「シロトピア館」にも展示され、その他二階町商店街には、平野時計店、ヤマサ蒲鉾大手前店にて「播陽時計」を見ることができます。

【取材協力】 こばやし茶店

●住所 姫路市二階町66(ヤマトヤシキ北側)
●営業時間 10:00 〜 18:30
●定休日 なし
●電話 079-225-0232
こばやし茶店ホームページへ
着物で歩こう | 世界遺産国宝姫路城 着物で歩こう | 播磨国総社 着物で歩こう | 姫路駅 姫路・着物レンタル「城下町スタイル」

レンタル着物を楽しみませんか?

浴衣レンタルプラン

3,500円(税別)

【取材協力】 城下町style

●住所 姫路市二階町19-2F
●営業時間 10:00 〜 18:00
●定休日 なし
●電話 090-9979-4141
●ホームページ http://www.kimononoyakata.jp/

※2016年7月現在の情報です。

街ぶらのついでに姫路名物を食べるならこちら
twitter facebook LINEで送る mail