播磨喜水(はりまきっすい)至福の喉ごし、小麦のアロマ「手延べ麺」

播磨喜水(はりまきっすい)店舗外観

至福の喉ごし、小麦のアロマ

数十種類から厳選された最高級の小麦粉と赤穂の天然塩、冷たく澄み切った揖保川の伏流水。厳選された素材を最大限に生かす素麺師の熟練の技術。これらが合わさり生み出されたのが手延べ麺《播磨喜水》です。
爽やかな喉ごし、そして噛むほどに香り立つ小麦のアロマが特徴。
香りを大切にしたいため、数年間寝かせて作る「ひねもの」は作らないというこだわりも。
滑らかな口あたりにもっちりとした食感を目指して試行錯誤を重ね、普通の素麺よりひと回り太い1.0〜1.5oの麺にたどり着いたそうです。
太い麺は、力強さと持ちの良さも兼ね備えていて、時間が経っても弾力が失われにくいため、夏場だけでなくお鍋の〆など温かいおだしにもよく合います。
他、和・洋・中、冷・温を問わずアレンジの幅は広く、年中味わえる手延べ素麺です。

自分が美味しいと思う素麺を作ろう

播磨喜水・中島社長の地元では、家業で手延べ素麺を作る家が多数あり、播磨地域ならではの素麺の味が《播磨喜水》の雛形になったそうです。
揖保川の伏流水、塩づくりの中心地・赤穂といった質の高い原材料に恵まれた地の利を活かし、プロジェクトをスタート。「自分が美味しいと思う素麺」に近づけるため、妥協のない試行錯誤を重ね、2015年7月に手延べ麺《播磨喜水》の販売にこぎつけました。
手延べ麺《播磨喜水》は「播磨の伝統文化である手延べ麺を世界へ発信したい」という中島社長の思いの結晶でもあります。
「うどんやラーメンと比べると、地味な存在として見られがちな『手延べ素麺』に、多様化している食文化に合わせたバリエーションを提案し、世界に誇る日本の伝統食として海外へも発信したい」と中島社長は語ります。
国境や世代を超えて、愛される手延べ麺を目指して。《播磨喜水》は播磨の新たな名物として根付いていくことでしょう。

異業種とのコラボで播磨文化の発信を

こだわりの麺づくりは、手延べ麺の枠を超えたつながりも生み出しています。 アーティストやレストラン、デザイナーなど分野を問わず新たな価値を生み出すべくコラボレーションを展開する「HARIMA KISSUI LABO」はその一環。第一弾としてフレンチシェフ、陶芸家と“共演”。料理と共に引き立てあう陶磁器、フレンチのアレンジを施された創作メニューと目に鮮やか、舌に味わい深いコラボは来店者を唸らせるものでした。
今後も定期的に創作メニューを披露していくとのことで、ますます目が離せなくなりそうです。

セレブな手延べ麺・播磨喜水(はりまきっすい)

《播磨喜水》ブランドを代表する味「播磨喜水 白(5束/1,620円)」、「白」を更に太くし、食べ応えと旨みを増した「播磨喜水 赤(5束/1,620円)」、黒麦を混ぜた「播磨喜水 黒(5束/1,296円)」の3種類を基本とし、様々な商品を展開。
今後は《播磨喜水》に合うだしも発売予定で、期待が高まります。【写真左:「ギフトボックスG(5束3箱/4,536円)」】

HARIMA KISSUI LABO

エクストラバージンオイルを纏った冷やし麺に車海老とキャビア、山芋のエスプーマをのせて

エクストラバージンオイルを纏った冷やし麺に車海老とキャビア、山芋のエスプーマをのせて【播磨喜水・白】

ブッフブルギニヨンの温麺 特製マディラ酒ソースで

ブッフブルギニヨンの温麺特製マディラ酒ソースで
山芋のエスプーマをのせて【播磨喜水・赤】

BARBACANE 自家製鶏コンソメの温麺 自家製黒トリュフオイルを添えて

BARBACANE 自家製鶏コンソメの温麺
自家製黒トリュフオイルを添えて【播磨喜水・赤】

蕎麦のパンケーキにクロッカンの蕎麦をのせて

蕎麦のパンケーキにクロッカンの蕎麦をのせて【播磨喜水・黒】

平成28年春、播磨喜水 姫路店にて「手延べ麺 播磨喜水×陶芸家
竹内 紘三×フレンチBARBACANE×ソムリエ 川尻 悟 コラボレーションイベント」が開催されました。
播磨喜水ブランドが立ち上げた「HARIMA KISSUI LABO」主催イベントの記念すべき第一弾。陶芸家・竹内紘三が播磨喜水のために制作した器のスペシャルセットと、姫路のフレンチレストランBARBACANE(バルバカンヌ)廣瀬大介シェフが播磨喜水・白・赤・黒(別添資料参照)を使用した新作レシピの発表という、まさにクリエイターたちのボーダーを越えたコラボレーションとなりました。

◆竹内紘三・プロフィール
1977年、兵庫県加東市生まれ。
2000年、大阪芸術大学工学科陶芸コース卒業。
2003年、多治見市陶磁器意匠研究所卒業。
(コレクション…ボストン美術館、パリのチェルヌスキ美術館、LOUIS VUITTON銀座並木通店、The Ritz-Carlton京都、マンダリンホテル上海、他)

◆BARBACANE(バルバカンヌ)
【住】兵庫県姫路市北条永良町14
電話079-221-8050
http://www.barbacane.st/restaurant/
(2016年ミシュランガイド兵庫版に掲載)

世界の「味の専門家」も認めた播磨喜水(はりまきっすい)

この度《播磨喜水》は、iTQi(国際味覚審査機構)のSuperior Taste Award(優秀味覚賞)を受賞しました。
iTQi(国際味覚審査機構)とは、世界中の食品や飲料品の味をヨーロッパで最も格式ある15のシェフ・ソムリエ協会から選出される味の専門家たちが審査し、優れた商品を表彰・プロモーションする世界有数の独立機関です。
そして《播磨喜水》は厳正なる審査の結果、三ツ星の優秀味覚賞(極めて優秀/総合評定90%以上)という賞を獲得したのです。
これは、材料への選定から製作過程、そして生み出されたこだわりの手延べ麺《播磨喜水》の品質、旨みを追い求める姿勢が、世界に認められたからこそ。
これを機に、更なる品質向上をしていく《播磨喜水》。そのたゆまぬ歩みで、姫路の食文化「手延べ麺」を広く発信し、食カテゴリーの枠を超えた発展を成し遂げていくことでしょう。

iTQi(国際味覚審査機構)授賞式会場、iTQi(国際味覚審査機構)表彰状

ブリュッセルで行われた授賞式に出席。
右下:三ツ星の優秀味覚賞の表彰状。

播磨喜水 姫路店

●住所 姫路市綿町76 こうしんビル1階
●営業時間 10:00〜18:00
●定休日 日・祝・年末年始除く
●電話 0120-507941
(受付時間 10:00〜18:00)
●アクセス JR「姫路駅」から徒歩約10分
●ホームページ http://www.harima-kissui.jp/

※2016年7月現在の情報です。

観光スポットから行ける姫路の名物料理はこちら
twitter facebook LINEで送る mail